▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社 は、俳優の小栗 旬さんと山田 孝之さんを起用したFCNT製スマートフォン「arrows(アローズ)」の新CM「現場」篇 (30 秒、15 秒)、「取調室」篇(15 秒)を5月25日(金曜日)より放映いたします。 本作品は昨年末に「割れない刑事(デカ)」シリーズでCM初共演を果たした小栗旬さんと山田孝之さんの出演 する第三弾のCMとなります。第一弾、第二弾では犯人を追うふたりの、割れてしまったスマホとザ・割れにくいスマ ホ「arrows」をめぐる掛け合いが魅力的な内容でしたが、今回はarrowsのさらなる機能に注目した新ストーリーを是 非ご覧ください。

撮影エピソード
「現場」篇の撮影は千駄ヶ谷のイタリアンレストランの厨房にて行われました。激しく荒らされたセットはドラマや 映画さながらのセットで、鑑識やその他の刑事、レストランのシェフなどの細部にまでこだわりながら、撮影はスター トしました。 第一弾、第二弾のCMから月日が経っておりましたが、おふたりの「割れない刑事」コンビは見事に健在。すぐに 息の合った掛け合いで、順調に撮影が進んでいきました。CM最後のシーンの小栗さんの「やめて」ではさまざまな 言い回しがアドリブで飛び出し現場は大いに盛り上がりました。 「取調室」篇は横浜のスタジオにて撮影が行われ、TVCMの 15 秒の他、Web動画の 60 秒を撮影しました。こち らでは小栗さんが山田さんを肩車するシーンがありましたが、何度も肩車をする中で、山田さんが小栗さんを労う 光景も見られました。肩車をしながらの掛け合いは、演技とは思えないふたりの本来の仲の良さがふんだんに表れ たシーンとなりました。また 60 秒 ver の最後の山田さんのセリフでもいくつもアドリブが飛び出しました。

タグ一覧

関連記事