映画『50回目のファーストキス』の完成披露舞台挨拶が4月30日にイイノホールで行なわれ山田孝之、長澤まさみ、勝矢、太賀、山崎紘菜、佐藤二朗、福田雄一監督が出席した。

本作は、ハワイのオアフ島を舞台に、ツアーガイドとして働きながら天文学の研究をする大輔(山田)と、事故の後遺症で記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害の女性・瑠依(長澤)との切ない恋を描いたラブストーリー。

山田は、『勇者ヨシヒコ』シリーズなどでタッグを組んだ福田監督が“純愛ラブストーリー”に挑むという作品で主演のオファーを受けたことに「福田組でハワイロケ、長澤さんとの共演でチューもいっぱい。断る理由がない」とつぶやいて笑いを誘うが「昔ラブストーリーをよくやっていたのですが、あるときからほかのことに挑戦したくなり遠ざかっていました。そんな中、また4年くらい前からラブストーリーをやりたいなと思っていたときにお話をいただいたので」と真面目に出演経緯を語る。

一方の長澤も「福田監督とは『銀魂』でご一緒したのですが、撮影が3日間だったのでガッツリやりたかった」と熱望していたことを明かすと「山田さんとも映画は11年ぶりだったのですが、きっと楽しいだろうなと思って二つ返事で受けさせていただきました」と笑顔。全編ハワイロケでの撮影には「浮かれちゃうことが多く『私はなにをやっているんだろう』と反省の日々でした」と振り返っていた長澤だが、福田監督は「あの浮かれた感じが役にぴったりだったよね」と長澤を賞賛していた。

またこの日は主題歌「トドカナイカラ」を担当した平井堅がサプライズで登場すると、山田をはじめとする登壇者は大興奮。福田監督は劇中、何度も俳優たちの演技に泣かされたことを明かしていたが、平井に対しても「エンドロールで曲が流れて泣いちゃいました。最高です」と感謝を述べると、佐藤から「おまえは何回泣いてるんだよ!」と突っ込まれる一幕も。

平井は「ストーリーが美しくて、どのような曲調にしようか悩んだのですが、2人が織り成す幸せな部分と壊れやすいものを意識して書きました」と曲に込めた思いを語ると、山田は「普通だったら素直に喜べるのですが、福田組なので……」と苦笑い。続けて山田は「なかなか出演作に提供していただくチャンスはないだろうから、その1回を福田組で使ってしまうのは損した気分です」と発言し観客を笑わせていた。

『50回目のファーストキス』は6月1日より全国公開となる。
※元記事はこちら:http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=12573

【関連記事・動画】
■山田孝之、福田組でハワイロケで長澤まさみと一緒でチューいっぱいと笑顔!
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=12573
■山田孝之と長澤まさみ共演、毎日ファーストキスを繰り返すロマコメを映画化
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=11898
■[動画]『50回目のファーストキス』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=ycApaeTy5rg

タグ一覧

関連記事