▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

第一三共ヘルスケア株式会社は、イメージキャラクターに大島優子と坂口健太郎を起用した低刺激ボディケアシリーズ「ミノン」の第9弾TV-CM「似ているようで違う」編を全国で放映。

2014年より編を重ね、今回で9作目となる本作は、映画監督・タナダユキが描く優しい雰囲気の作品となっている。

「肌とやさしさのあいだに。」というメッセージのもと、大島優子演じる徳島から上京して6年目のOL・麻子(あさこ)と、坂口健太郎演じる夫役の遼介(りょうすけ)を中心に、家族や大切な人とのつながりや思いを「やさしさ」という切り口で描く「ミノン」TV-CMシリーズ第9弾。

恋人同士だった麻子と遼介は、一年前に晴れて結婚。夫婦となった二人の、二人らしい日常を描きます。一緒に暮らしているからこそ見えてくるちょっとした夫婦の気づきとは。夫婦の住まいやリラックスした服装、食事の様子や会話のやりとりなど、二人の「夫婦生活」ならではの見どころがたくさんつまったTV-CMになっている。

タグ一覧

関連記事