第一三共ヘルスケア株式会社は、イメージキャラクターに大島優子と坂口健太郎を起用した低刺激 ボディケアシリーズ「ミノン」の第 9 弾 TV-CM「似ているようで違う」篇を、2018 年 2 月 17 日(土)から 全国で放映する。「ミノン」は 1973 年の発売から 40 年以上にわたり、世代を超えて愛され続けているロン グセラーブランドで、この度、洗い上がりがさらっとした混合肌向け「さらっとタイプ」がリニューアル処方 で登場した。
混合肌とは、部分的に、あるいは季節的に肌の乾燥とベタつきやニキビなどの皮脂トラブルの混在が気にな る肌のことをさします。乾燥に悩む人、カサつきとベタつきの混在にとまどう人、同じ敏感肌でも「似ている ようで違う」。今回の新 TV-CM では、「目玉焼きに何をかけるか」といった日常のシーンを通して、毎日同じ ように生活している夫婦でも「似ているようで違う」ことに気づく二人が描かれています。

タグ一覧

関連記事