#坂口健太郎主演『イノセンス』主題歌はKingGnu メジャーデビュー直前の抜てき
拡大写真 メジャーデビュー直前に連ドラ主題歌を担当することが決まったKing Gnu(キングヌー)  俳優・坂口健太郎主演で19日にスタートする日本テレビ系ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(毎週土曜 後10:00~※初回15分拡大)の主題歌にメジャーデビュー前のバンド・King Gnu(キングヌー)が抜てきされたことが6日、わかった。今月16日にアルバム『Sympa』でメジャーデビューする4人組が、新曲「白日」を書き下ろした。【写真】主演の坂口健太郎、共演の川口春奈&藤木直人の劇中衣装 King Gnuは東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター・常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動をスタート。その後、メンバーチェンジを経て、常田(G/Vo)、勢喜遊(Dr/Sampler)、新井和輝(B)、井口理(Vo/Key)の4人体制となり、17年4月にバンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートを切った。 独自のポップセンスと色気が凝縮されたサウンドは「トーキョー・ニュー・ミクスチャー」とも称され、『FUJI ROCK FESTIVAL』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』など大型フェスにもすでに出演し、ワンマン公演も毎回即完する盛況ぶり。昨年はフジテレビ系ノイタミナ枠アニメ『BANANA FISH』エンディングテーマに「Prayer X」を提供したことでも知られる。16日にリリースするアルバム『Sympa』で晴れてメジャーデビューする。
https://www.youtube.com/channel/UC1NTVTsNbOJPISnA__0yLCA?sub_confirmation=1

みんなの反応

  1. めっちゃ楽しみ!!

タグ一覧

関連記事