映画『焼肉ドラゴン』の初日舞台挨拶が6月22日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、大江晋平、鄭義信監督が登壇した。

本作は鄭義信作・演出により、数々の演劇賞を受賞した伝説の舞台の映画化作品。高度経済成長期の日本で焼肉店を経営する家族の姿を描いた物語で、父・龍吉役をキム・サンホ、長女・静花役を真木よう子、次女・梨花役を井上真央、三女・美花役を桜庭ななみが演じ、静花への思いを秘めながら梨花と結婚する哲夫役に大泉洋が扮している。

大泉は「『焼肉ドラゴン』というタイトルだと、何となくコメディじゃないかと思っている方が多い中で、見終わったみなさんには真実をわかっていただけたんじゃないかと思っています。感動作であることを多くの方に伝えていただければ」と挨拶。

真木は「今までやったことのある役とは、少し違った部分があり、感情を抑えたりするシーンが多かったので、撮影中は辛いシーンがあったりしたんですけど、現場ではみんな“家族”ですごく仲良くしていたので、楽しい現場でした」と振り返った。

また、大泉との共演について井上に質問が飛ぶと、大泉は「あまりいい話は出ません。私の自転車の運転が下手だったとか言ってくるんですよ」と井上の発言前に牽制。

すかさず井上が「あれは、ちょっとひどかったですね」と言うと、大泉は「道がひどいだけです」と自らフォロー。「でも、(井上が)韓国の俳優さんは上手だったとか言ってくる」と続けると、井上は「はい、とっても」と即答し、「私も運転したけど、何であんなに蛇行(運転)になるんだろうな、(大泉)洋さんって思いましたけど」と追い打ちをかける。

これに大泉は「あれは演技ですから。彼女の怒りを引き出すために。(井上が)怒った瞬間に僕は言いました。『それだよ、忘れんじゃないよ。その顔だよ』」と話し井上を笑わすと、「どうも彼女は出せないんだよね。お嬢様みたいな芝居をしているから、そんなんじゃダメだよ」と。で、ちょっと(自転車で)蛇行してやった」と緻密な計画性を披露し、会場を沸かせていた。
※元記事はこちら:http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=12777

【関連記事・動画】
■大泉洋、ヘタクソな自転車運転は井上真央の迫真演技を引き出すため!?
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=12777
■[動画]井上真央に自転車の運転をけなされた大泉洋が必死の反撃/映画『焼肉ドラゴン』完成披露試写会


■[動画]大泉洋「腐ってるかどうかは食べて判断」/映画『焼肉ドラゴン』大ヒット祈願イベント

■[動画]映画『焼肉ドラゴン』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=tcppCFlBunw

タグ一覧

関連記事